困り事があったら、ソーシャルワーカー(社会福祉士)に相談してみよう

困り事があったら、ソーシャルワーカー(社会福祉士)に相談してみよう

主治医に言えないささいな心配事でも

がんになると、さまざまな不安に襲われます。
検査や治療の悩みは主治医や看護師に相談できますが、がんに対する漠然とした不安や治療費のこと、日常生活のちょっとした心配事などは相談しにくいものです。
そんなときは、ソーシャルワーカー(社会福祉士)に相談してみるのはいかがでしょう。

どの病院にも必ずいるわけではありませんが、がん治療に携わる大きな病院にはたいてい配置されています、がんに関わる情報を調べたい、突然「がん」と言われ混乱しているなど、だれに相談していいかわからない悩みは、ひとりで抱え込まず、ソーシャルワーカーに話してみると良いでしょう。

検査や治療の不安でも、詳しく話を聞き、必要に応じて主治医や看護師など専門スタッフへの橋渡しもしてくれます。

家族の心も支える。話すだけでも有効

がんと診断されたあとにショックなのは、本人だけでなく、家族も同様です。
「家族として、患者に何をしてあげたらいいだろう」、そのような不安を常に抱え、本格的な闘病生活に入れば、肉体的にも精神的にも負担が増えていきます。

家族も、主治医や看護師、患者本人にも言えない悩みをかかえることは珍しくありません。
病院の事情にも精通しているソーシャルワーカーに話をすることで、気持ちが軽くなる方は多くいらっしゃいます。

こんな心配があったら、ソーシャルワーカーに相談してみよう

・突然「がん」と言われ、頭が真っ白に。どうしていいかわからない
・治療や手術にかかる費用が心配
・退院したあと、訪問看護など各種サービスを受けたい
・家族や仕事のことで悩んでいる
・先生から病気のことを説明されたけれど、むずかしくてわからない
・家族として、患者にどのように向き合えばいいのかわからない


ベクトル画像 著作者:People vector created by pch.vector – www.freepik.com
参考文献:よくわかる最新医学 子宮がん 頸がんと体がんの診断・治療・生活 – 小田瑞恵 / 斎藤元章

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?