なぜ女性特有の「乳がん」が、世界的に増加傾向にあるの?①

なぜ女性特有の「乳がん」が、世界的に増加傾向にあるの?①

女性の中でもっとも多い乳がん

女性が罹るがんのなかで、もっとも患者数が多いのが乳がんです。
乳がん罹患数(新たにかかった人の数)は1977年からの35年間で約7倍と年々増加しており、2013年には約8万人が乳がん*と診断を受けました。

*がん情報サービス「2017年のがん統計予測」では1年で約9万人の罹患数と統計が出ています。

こうしたデータをもとに生涯で乳がんに罹患するリスクを調べたところ、11人に1人の割合でかかることがわかっています。
乳がん患者のうち、とくに増えているのは0期やⅠ期の初期のがんで、Ⅱ期以降は減少しています。

乳がんは他のがんに比べて予後(治療後の経過)がよく、生存率は高めです。
そのため、女性がかかるがんのなかでいちばん患者数が多いにも関わらず、2016年の死亡数でみると大腸、肺、膵臓、胃に次いで第5位となります。 しかし、日本では乳がんの罹患率・死亡率ともに年々増加していて、出生年代別にみると最近生まれた人ほど罹患率・死亡率が高くなります。

国や人種を問わず増加傾向にある

乳がん患者の増加は世界的な傾向でもあり、欧米の白人、黒人の順に罹患率が高くなります。
比較すると日本人をはじめとした東アジア諸国の人種の患者数は少なくなるものの、全体的に増加はしています。
また同じ日本人でもアメリカに住む日本人は、日本国内在住者より高い傾向があります。

特にアメリカにおいては乳がん患者の増加が問題視されており、全女性の8人に1人の割合で乳がんにかかるといわれています。
そこで、アメリカやイギリスでは国をあげてマンモグラフィ検査の普及などの対策を行ったところ、依然として罹患率は高いものの、1990年から乳がん死亡率が下降し始めました。

発症のピークは40代

ほとんどのがんの患者数は60歳代から増加し、高齢になるほど増えます。
しかし、乳がんに関しては30歳くらいから増え始め、45~49歳でピークを迎え、その後減少するとい特徴があります。
とはいえ、高齢者の患者さんも多く、80歳を過ぎてから乳がんになる方もいます。

閉経後の乳がん患者が増えていることも最近の特徴のひとつで、現在では閉経前と閉経後の患者数はほぼ同じくらいです。
欧米では閉経後の人のほうが多く、高齢での乳がん罹患率が増えています。
乳がんが増加傾向にある理由については、「エストロゲン」が関係していると考えられており、詳細ついては次の記事でまとめたいと思います。

 

なぜ女性特有の「乳がん」が、世界的に増加傾向にあるの?②

前回の記事では、女性にもっとも多い「乳がん」の最近の傾向につ…



ベクトル画像 著作者:People vector created by freepik – www.freepik.com
参考文献: 国立がん研究センターの乳がんの本 - 監修 木下貴之 / 田村研治ほか

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?