合併症を予防し、副作用を和らげる、がん治療中の「リハビリ」の重要性

合併症を予防し、副作用を和らげる、がん治療中の「リハビリ」の重要性

近年のがん治療では、「合併症を予防する」「副作用を和らげる」この2つの目的のためにリハビリを積極的に活用するようになりました。

リハビリで合併症予防する

例えば、開胸や開腹の手術を予定している患者さんに対して手術の前から呼吸の訓練をします。
このリハビリを受けることにより肺炎など手術後の合併症が発生する確率を下げることができます。

手術や放射線治療の合併症を予防するためのリハビリもあります。
乳がんの手術でリンパ節を切除した場合は、約20%の人に治療を受けた側の腕にリンパ浮腫が起こると言われています。
手術後の早期から肩関節を動かす訓練を受けることによりリンパ浮腫の発生を減らすことができます。

リンパ浮腫についてはこちらの記事に対処法等を紹介しています。
 

リンパ流れの滞りによる「リンパ浮腫」の初期症状と予防ケア

乳がんの手術で腋窩リンパ節(わきの下のリンパ節)を切除した場…

リハビリで副作用を和らげる

リハビリには、がんの克服に必要不可欠な免疫を上げる効果もあります。
例えば、消化器がんの手術後2日目から、自分の最大の心拍数の60%程度の運動をするリハビリを受けると、受けない時に比べて免疫が上がるというデータがあります。
何らかの形で体を動かす事はとても大切ですが、手術の種類によっては術後の早期に運動する事が難しい場合もありますので、無理をせず主治医や理学療法士の指示に従って下さい。

また、有酸素運動や筋力トレーニングを行うことにより、抗がん剤治療や放射線治療に伴う倦怠感などの副作用が改善したり、白血球やリンパ球が増加することがあります。
がんになると「何がなんでも安静にしていない」といけないと誤解されがちですが、治療ではリハビリもセットにして考えることが大切です。



参考文献:抗がん剤を受けるときに読む本 - 著者 加藤隆祐

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?