抗がん剤治療を始める前に、治療を受ける4つの目的

抗がん剤治療を始める前に、治療を受ける4つの目的

抗がん剤治療を受ける目的は大きく4つに分けられます。

  1. 完治を目指す抗がん剤治療
  2. 術前化学療法
  3. 術後の再発を予防するための抗がん剤治療(術後補助化学療法)
  4. 延命のための抗がん剤治療
No.
1

完治を目指す抗がん剤治療

主に白血病、悪性リンパ腫といった血液のがんが対象になります。
これらの病気は、抗がん剤だけで完治を目指すことができます。

No.
2

術前化学療法

がんが大きいために手術でとりきることが難しい場合や、手術前に抗がん剤治療をしておいた方がよい効果が期待できる場合に行われます。
乳がん、卵巣がん、食道がんなど、様々ながんが対象になります。
手術の後に抗がん剤治療をした方がいいケースもあるため、状況に応じて手術前に抗がん剤治療をするかどうか判断することになります。

No.
3

術後の再発を予防するための抗がん剤治療(術後補助化学療法)

目に見えるがんは、手術で完全にとりきれますが、目に見えない小さな癌細胞が体内に残っている可能性があります。
手術をした後に抗がん剤を投与する治療を「術後補助化学療法」といいますが、手術を受けた全ての人が抗がん剤治療をするわけでなく、再発の可能性が高い場合に行います。
術後補助化学療法を受けても、全ての人が再発しなくなるというわけではありませんし、受けなくても再発しない人もいます。

最近では、不要な抗がん剤治療を避けるための検査法も開発されています。(例えば、乳がんの手術後に再発するかどうかを予測するオンコタイプDXという検査があります。21種類の遺伝子を調べて10年以内に再発する確率を調べます。)このような検査が広く普及すれば、再発のリスクが低い場合はむやみに術後補助化学療法を受けない、というような判断もできるようになるでしょう。

No.
4

延命のための抗がん剤治療

胃、肺、大腸、肝臓、乳房、子宮などの固形がんで、手術で切除できない範囲まで広がっている場合や、手術で切除した後に再発した場合が対象となります。
固形がんの多くは抗がん剤だけで全てのがんを消すことはできないため、抗がん剤だけで完治を目指すことは困難です。(ただし、精巣がんや絨毛がんは、抗がん剤だけで根治できるので固形がんの中でも特殊な部類です。)
なぜなら、がんは微妙に性質の異なるがん細胞が集まってできています。抗がん剤を投与するとその抗がん剤に弱いがん細胞は消え、顔は小さくなります。しかしその抗がん剤に耐性のあるがん細胞や抗がん剤を投与する過程で新たにできた耐性のあるがん細胞は大きくなります。
そのような状態になると抗がん剤の種類を変更して投与します。これが、少しでも長く生きるための抗がん剤治療です。

がん細胞の増殖を防ぐ

延命のための抗がん剤治療には大切なことが三つあります。
一つ目はがんを小さくすることが目的ではなく、最も大切なのはいかに長期にわたって、がん細胞の増殖を防ぐかということです。
多くの方は「がんが小さくなった」という結果を喜びます。ですが、がんがどの程度小さくなるかということは長く生きられる事とはあまり関係がありません。がんの大きさが小さくならなくても、それが長い期間維持できる方がいいのです。

副作用にたえる体力を温存する

二つ目は抗がん剤が効かなくなっても、別の抗がん剤を受けられるように、体力を温存する事です。
副作用によって体力が低下していくと、本来ならば受けられた別の抗がん剤を受けられずに治療を止めることがあります。
常に体力を温存する事を心がけてください。「抗がん剤が効いているから、多少の副作用は我慢しよう」というような体力の消耗に繋がることは、長い目で見ると抗がん剤のメリットを受けられません。

抗がん剤治療を止める時の出口戦略を立てておく

すなわち、いつまで抗がん剤治療を続けるかを決めておくということです。
抗がん剤でがん細胞の働きを抑えられずに治療を受け続けている場合や、日常生活が送れなくなるほど体力がなくなってきたにも関わらず抗がん剤を受け体力がさらに奪われている場合は要注意です。
抗がん剤をやめて緩和医療に専念した方がよい。と言う決断に至る時、患者さんの中には死と宣告されたように感じる方もいるでしょう。
この決断は医師にとっても患者さんにとっても大きな分岐点であり、医師からも話を切り出すのに時間がかかってしまったり、患者さんも体力が削られるだけ削られるまで頑張ってしまい「これだけ苦しいならもう止める」と音をあげるまで抗がん剤治療を無理に続けるケースもあるくらいです。

すべての薬にはよい面もあれば、悪い面もあります。
したがって少しでも長く生きるための延命が目的である抗がん剤治療の場合は、「抗がん剤をいつかは止める日が来ること」そして「どのような状況になったらやめるのか」を予め決めておくことも重要です。

その他の抗がん剤についての記事も参考にしてください。
 

よくある抗がん剤の副作用「骨髄抑制」「食欲不振・吐き気」の対処法

副作用の中に「骨髄抑制」「食欲不振・吐き気」があります。比較…

抗がん剤の一般的な副作用と、注意を要する症状の一覧

一般的な副作用 一般的な副作用について説明します。副作用は「…

抗がん剤治療を行う上で大切な事と、重大な副作用を回避する方法

全ての薬には副作用がある 抗がん剤に限ったことではなく全ての…

延命目的の抗がん剤治療、延命のために治療をストップする選択も準備しておく

前回の記事で「抗がん剤治療には4つの目的があり、延命のための…



ベクトル画像 著作者:Background vector created by freepik – www.freepik.com
参考文献:抗がん剤を受けるときに読む本 - 著者 加藤隆祐

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?