だるさ・倦怠感の原因と伝え方、日常で改善できるケアについて

だるさ・倦怠感の原因と伝え方、日常で改善できるケアについて

だるさは、人からわかりづらく、軽く見られがちな症状ですが、だるさが続くと日常生活にさしつかえ、精神的にもストレスになります。

だるさの原因とパターン

がんの療養中に、慢性的なだるさ(倦怠感)、疲労感を体験することがあります。その原因は以下のようなものが挙げられ、様々です。

・化学療法や放射線治療によるもの
・治療の副作用
・脱水
・呼吸障害や貧血
・不眠
・痛み
・進行したがんによる栄養不良症候群など*

*がんが進行した場合は、激しいだるさに見舞われることが多い。これは慢性炎症による栄養不良症候群で、栄養をとっても激しく消費され、筋肉量が落ちて体重がへり、疲労感を招きます。(がん悪液質と呼ばれる状態)
対処法として、軽い運動、栄養指導、薬物療法(非ステロイド系消炎鎮痛薬、ステロイド薬)などがある。

周囲にきちんと理解してもらうには、だるさの感じや程度、その変化などを書き留めておけると良いでしょう。

【だるさを伝える表現例】

・脱力感を覚える
・家事や仕事がしんどい
・階段の上り下りで息切れがする
・消耗感をおぼえる
・集中力や判断力が落ちている
・やる気がでない
・よく眠れない、ぐっすり眠ったのに疲れがとれない
・すぐ横になりたくなる
・何をするにも億劫だ

日記に記録していくと、だるさのパターンどんなときに悪化するのかを自分で把握することもできます。それをもとに担当医や緩和ケア医に相談すれば、原因に合わせた治療がしやすくなります。

ほかの症状が落ち着いているときでも、だるさを抱えながら家事や仕事を行うのは、エネルギーを消耗するものです。だるさのパターンが見えてきたら、それに合わせて、やりたいことの計画や一日のスケジュールを計画できるかもしれません。

疲労回復とエネルギーの温存を

日中の休息は、少しづつ何回にも分けて取った方が疲れません。そして夜はぐっすり休むのが良いでしょう。
不眠がある場合はその解消が優先です。

睡眠薬を用いた薬物療法、あるいは呼吸法やアロマセラピー、入浴、足浴、音楽などのリラクゼーションによって解消をはかります。

痛みによる不眠がある場合は、痛みの緩和治療が必要です。また薬剤による不眠の場合は、原因となっている薬剤の変更・中止が検討されます。
いずれの場合も担当医や緩和ケア医に相談するのが良いでしょう。

栄養の状態や体内のバランスも大切です。たとえば、食べられるときに少しづつ食べる、栄養補助食品を活用する、水分を十分にとって疲労物質を体外に排出するなどして、体力の低下を防ぎます。

また、楽な体勢を心がけ、マッサージや入浴で血行を良くしましょう。可能であれば、散歩や趣味の活動で気分転換をはかったり、ウォーキング程度の有酸素運動を取り入れたりするのも良いでしょう。
ただし、疲労感があるときは決して無理をしないようにしてください。


参考文献: 国立がんセンターのこころと苦痛の本 - 監修 清水研 / 里見絵理子 / 若尾文彦

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?