体のしびれや違和感を感じたときの、症状の伝え方・対処法

体のしびれや違和感を感じたときの、症状の伝え方・対処法

病気や治療の影響で、しびれや、しびれに似た違和感を生じることがあります。それらは「神経障害性疼痛」の一つで、様々な感じ方をするものです。

しびれの原因

がん患者さんのしびれの原因には、がん自体によるもの、がんが血管に浸潤したことによるもの、抗がん剤の副作用によるもの等があります。
いずれも、末梢神経が、がんや薬の成分によって圧迫されたり、傷ついたりすると起こります。
こうした末梢神経障害では、手や足がピリピリ、ジンジンしたり、感覚が鈍くなる(感覚鈍麻)といった感覚異常をまねきます。また、血管にがんが浸潤した場合は、血管の収縮や弛緩、周囲のリンパ管の炎症が起こり、やけるような痛みやしびれが広がることがあります。
脊髄(中枢神経)の障害も、しびれ等の感覚異常をまねきます。脊髄に圧迫や損傷があると、そこからのびる神経が支配する領域の感覚がにぶくなり、しびれなどを伴います。それより先に、ひどいしびれを伴う痛みを生じることもあります。

しびれの症状の伝え方

しびれや、しびれに似た痛みなどの違和感は、検査結果や外見でわかるものではないので、まずその感じ方を周囲の人に伝える必要があります。

伝え方の例

できるだけ具体的に、”自分の感じ方”を言葉で表現してみましょう。

「正座をしたあとのジンジン、ピリピリするような感じ」
「虫がはうような、むずむずした感じ」
「足の裏に剣山があたっているような感じ」
「小石の上を歩いている感じ」
「ヒヤッとする感じ」

以下のことも一緒に伝えてみましょう。
・症状を感じている部位(手足なら左右のどちらか、先のほうか付け根のほうか、どのくらいの範囲か)
・どこからどのように始まったのか
・どんなことに不自由を感じているのか

しびれによって生じる不自由さの例

・はしを持ちにくい
・ボタンをかけづらい
・文字が書きづらい
・スマートフォンが使いにくい
・靴が上手くはけない
・転びやすい
・冷たいものに過敏になる
・手足の先が冷たい

しびれの対処法

しびれが生じたときの対処法としては、「血行の改善」、「よい姿勢を保つ」、「体の保護*」、「オピオイド鎮痛薬による薬物療法」などが挙げられます。まず担当医に症状を伝え、対処法を相談しましょう。
*=しびれがあるときは、温度感、痛覚、触覚などの感覚がにぶくなっているので、やけどや凍傷、切り傷などに注意。

血行改善の方法として、ぬるめのお湯での入浴ウォーキング、痛みがない場合であればマッサージも効果的です。寒い季節には、手袋や厚手の靴下で手足の保温を心がけ、できるだけ肌を露出しないようにしましょう。

抗がん剤の副作用によるしびれは、積極的に動かすことが大切ですが、決して無理のない範囲で行いましょう。
手足の指先を動かす筋肉を曲げ伸ばすなどが効果的です。

食事では、ビタミンCやビタミンEを積極的にとり、バランスのよい栄養を心がけると良いでしょう。
 


参考文献: 国立がんセンターのこころと苦痛の本 - 監修 清水研 / 里見絵理子 / 若尾文彦

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?