先進医療である重粒子線・陽子線治療の特徴とメリット

先進医療である重粒子線・陽子線治療の特徴とメリット

重粒子線・陽子線治療(粒子線治療)の違いとメリット

放射線治療は大きく分けてX線やガンマ線などによる光子線治療と、重粒子線や陽子線による粒子線治療があります。

光子線治療

従来から使われてきた光子線(X線やガンマ線)は対外から照射すると、体の表面近くでエネルギーが最大となり、体の奥に入るほどエネルギーが現象していき、病巣を超えて体を突き抜けていきます。このため、病巣に十分なダメージを与えようとすると、正常細胞にも少なからずダメージを与えてしまうという難点があります。

粒子線治療

粒子線(陽子線や重粒子線)は体の外から照射しても、一定の深さでエネルギーが最大となり、そこで停止する性質をもっています。
病巣の深さに合わせて最大量を設定できるため、病巣に十分なダメージを与えることができ、正常細胞へのダメージを少なくする事、臓器への損傷を少なくして温存する事ができます。

重粒子線は炭素イオン、陽子線は水素の原子核を加速させたものです。

治療のメリット

  • 早期であれば根治が可能である
  • 従来治療が困難とされるがんにも適応される
  • 対象臓器の機能や携帯を温存できる可能性が高い
  • がん周辺の臓器への影響を抑える事ができる
  • 合併症のリスクが低い
  • 照射による痛みがほとんどない
  • 体への負担が少ないので、高齢者も治療が受けやすい
  • 治療期間が短く、社会復帰しやすい

両者は非常に似た性質を持っていますが比べた際に、重粒子線の方が陽子線より破壊力が2〜3倍強いとされています。
ただし、重粒子線は質量が重く狙いたい方向へ曲げにくく、陽子線と比べ照射できる方向が限定されるため、自由度は低くなります。

先進医療の重粒子線・陽子線治療、一部が健康保険適用に

重粒子線治療と陽子線治療は、臨床実験で実績を積むことにより、がんの治療法として安全性と一定の効果が期待できるとされ先進医療へ認可されました。
両治療とも費用は高額で治療だけでかかる費用はおよそ250万円〜300万円になります。民間の保険会社には、こうした高額の治療をカバーする先進医療特約をつけられる商品もあります。

その中から、切除できないと判断される骨軟部腫瘍*に対する重粒子線治療と、小児がんに対する陽子線治療については、他の治療より優れているという研究実績が認められ、2016年4月から健康保険が適用になりました。
*=骨および軟部組織(筋肉、脂肪、神経、血管など)にできる腫瘍


ベクトル画像 著作者:Background vector created by freepik – www.freepik.com
参考文献:重粒子線治療・陽子線治療 完全ガイドブック 平成28年7月27日 初版第1刷発行 編著:研友企画出版 協力:辻 比呂志、櫻井 英幸

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?