合併症のリスクが大幅に軽減される、口腔ケアについて

合併症のリスクが大幅に軽減される、口腔ケアについて

治療開始前から、継続して口腔ケアを

がんの治療中には口腔内にさまざまな合併症(口内炎や歯周病、その菌による肺炎など)が発生しやすくなります。
口腔ケアを適切に行う事でそのリスクを下げる事ができます。

実際がんの検査と並行して最低限必要と思われる歯科処置を始めることも多くあります。
一度がんの治療が始まってしまうと気分が優れなかったり、体力や免疫力の問題もあり歯科治療は難しくなります。
がんの治療が始まる前に、できるだけ時間に余裕を持って口の中の状態を整える事が重要です。

合併症対策としての口腔ケアの有効性

合併症の対策として口腔ケアの有効性にいち早く着目した静岡県立静岡がんセンターでは、2002年の設立当初から歯科口腔外科の主導で口腔ケアを本格的に推奨し、治療の始まる前から歯科治療のみならず、歯石除去やブラッシング指導などの口内の衛生状態の改善をはかりました。
その結果、口の中の炎症が治まると全身の状態も良好に保たれ、口腔ケアを行わなかった場合と比べて頭頸部がんの術後の経過が明らかに改善しました。


出典:山田洋二郎,がん治療による口腔内合併症の実態調査及びその予防法の確率に関する研究.厚生労働省がん研究報告集

口腔ケアをきちんと行う事で、その他のがん術後の肺炎予防にも各地の医療機関で成果が上がっています。

治療決定から歯科受診までの流れ

治療開始前に歯科医師を受診する場合は、以下の流れで歯科治療を行うことになります。

がんの治療と口腔ケア~その意義と実際:市立函館病院 歯科・歯科口腔外科 南田 秀之

口腔ケアの理想プロセスは、プロケア→セルフケア→プロケア→セルフケアというループになりますので、「虫歯などはなく自分は大丈夫。」と思う方でも一度プロの指導を受けてみる事をおすすめします。


ベクトル画像 著作者:Kubanek – jp.freepik.com
参考文献:がんになっても心配ありません 2018年8月30日 初版第1刷発行 監修:公益財団法人 がん研究会 「口腔ケア、なぜ大切なのか」監修者:冨塚 健(歯科医師)

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?