「5年生存率」についてと、最新のパーセンテージ

「5年生存率」についてと、最新のパーセンテージ

「5年生存率」という言葉はもしかしたら、がんになったことが無い方も聞いたことがあるかもしれません。
がん治療では治療の開始から5年の生存が、一つの治癒基準とされています。
なぜこのような言葉ができるほど「5年」という数字が指針とされるのでしょうか。

「5年生存率」といわれている理由

多くの種類のがんは、治療しても癌細胞や組織が残ってしいまうと、たいていは2~3年遅くとも5年以内に肉眼で分かる大きさまで成長するといわれています。
つまり手術をしてからほとんどの場合に5年以内に「転移」「再発」となるのです。

逆に言えば大抵のがんでは治療から五年以上もたってからの転移・再発はごく稀です。
以上の理由から、治療から5年経過しても転移や再発がない場合には安心できる指標になるのです。
ただし、乳がんなどゆっくり進行するがんでは、10年以内の再発も比較的多いため「10年生存率」でみるほうが適切とされています。
 

2020年現在の「5年生存率」について

また、治療法や診断方法の進歩によって5年生存率は年々向上しています。
2020年3月17日に国立がん研究センターの情報が更新され、最新のがんの10年生存率の割合は50%を上回り約57%、5年生存率は約68%になったと発表しました。
 


 
参考URL:全がん協生存率調査-全国がんセンター協議会
参考文献:がんになっても心配ありません 2018年8月30日 初版第1刷発行 監修:公益財団法人 がん研究会 「基本のき」監修者:武藤 徹一郎(医師、東京大学医学部卒業、大腸癌研究会名誉会長)

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?