体や気分にあらわれる「心の苦痛」のサインにはどんなものがある?

体や気分にあらわれる「心の苦痛」のサインにはどんなものがある?

不安や落ち込みは「弱さ」ではなく「自然な反応」

がんだとわかってから、あるいは再発がわかってから、心が不安や恐れでいっぱいになってしまう人は多く、それで生活に支障が出る人も少なくありません。
不安や不満からイライラしがちになって、周囲と衝突を繰り返す場合もあります。

がんに罹患した人の不安や恐れ、現実を否定したくなる気持ちは、とくに心が弱いから生じるというものでもなく、自然な心の反応として多くの人にあらわれるものです。
できればひとりで抱え込まずに、周囲の人に相談してみてください。

自分の気持ちを言葉で表現するのは難しいかもしれませんが、例えば下記「心の苦痛のサイン」のなかに当てはまる言葉はありますか。
いくつか当てはまる人は、家族や担当医、看護師などに相談してみてください。話すだけでも落ち着くことがあります。
また、「一日の大半が憂うつで、落ち込む」または「ほとんどのことに興味がもてない、いつも楽しんでいたことが楽しめない」状態が2週間以上続くときは、「うつ病」や「適応障害」といってケアが必要な状態にあることが多いので、なるべく早めに担当医や看護師に相談しましょう。

気分にあらわれる「心の苦痛」のサイン
・一日の大半が憂うつで、落ち込む
・いつも楽しんでいたことが楽しめない。ほとんどのことに興味がもてない
・心配ごとが頭から離れない
・リラックスできない、いつも緊張している
・イライラがおさえられない
・自分のことを価値がないと感じる
・「自分のせいで〇〇になってしまった」
・「自分はどうして〇〇しなかったのか」などと自分を責めている
・考えることや、集中することができない
・普段できていた日常のことができない、日常の物事が決められない
・死ぬことを考えている
体にあらわれる「心の苦痛」のサイン
・体重が5%へった(例:体重が65kgから61kgにへった)
・食欲がない状態が続く
・眠れない
・そわそわして落ち着かない
・話し方や動作が遅くなった

(以下は、治療の副作用や病気の症状とは別に)
・気力がなくなるなど、疲れている状態が毎日続く
・吐き気がする
・とつぜん、息苦しくなる
・めまいや動悸がする

 
こちらの記事では、「気持ちを伝える際に役立つ『DESC』というコミュニケーション方法」を紹介していますので参考にしてみてください。
 

お互いに良い関係を築くために、気持ちを表現する際に「DESC」を意識してみよう

前回の記事「気持ちを伝える3パターンを知ることで、自分の気持…



ベクトル画像 著作者:Design vector created by freepik – www.freepik.com
参考文献:国立がんセンターのこころと苦痛の本 - 監修 清水研 / 里見絵理子 / 若尾文彦

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?