自分らしく過ごすために必要な心と体、生活全般のクオリティのはなし

自分らしく過ごすために必要な心と体、生活全般のクオリティのはなし

このサイトのテーマでもある、QOL(生活の質)の向上について、基礎知識として、QOLとはなにか?なぜ大切なことなのか?ということについて簡単にまとめたいと思います。

QOLとは?

Quality of Life(クオリティ・オブ・ライフ)とは、「生活の質」(あるいは「生命の質」)と略されますが、これはその人の精神状態や、身体の状態、社会的・経済的な状況など、すべてを含めた生活の質を意味しています。

がんは生活全体に大きな変化をもたらす病気です。さまざまな苦痛により、それまで当たり前にできていたことが出来なくなったり、保たれていたことが崩れてしまうケースもあるかもしれません。そうした中で、その人が自分らしいと思える、納得のいく生活の質の維持を目指すというのが「QOL」の考え方です。
QOLはあくまで、その人自身の人生観価値観によって捉えられるものですので、他人からは評価がしづらいものです。

がんと向き合うとき、何を優先させるかは人それぞれ。治療法を選択する際にも、治療効果だけでなく、その方法をとることで自分らしい人生・生活がどれだけ保てるかを考慮することも大切でしょう。

心と体の苦痛を取り除きQOLを向上させる

がんになった人の多くは、病気の経過に伴って様々な身体的苦痛(痛みや吐き気など)を体験すると言われています。そして体の痛みが、不安やおそれ、疑惑、抑うつなどといった心の痛みを招いているケースも少なくありません。
心と体のはたらきは深く結びついていて、互いに影響しあっています。心の混乱は、体に何かしらの変調を招き、体の変調は、心にかげりを落とすものです。

緩和ケアは、そうした心と体の苦痛(全人的苦痛(トータルペイン)=下図)を総合的にケアし、QOLを向上させる医療です。
 

*シシリー・ソンダースの提唱した理念「Total Pain」に基づく

がんと診断を受けたときから、その人がその人らしく過ごせるよう、苦痛を出きる限り取り除くことが必要とされているのです。
 
 
サードプレイスでは、日々情報を発信することで、新しい知見や過ごし方を得たり、少しでもQOLの底上げを支援できればと思っております。
過去の記事では、緩和ケアについての詳しい説明もあります。
 

痛みや苦痛を我慢しない、ここ20年で変化した緩和ケアの概念

緩和ケアときくと、なんとなく最期までの時を負担の少ない様に過…

 



ベクトル画像 著作者:People vector created by gstudioimagen – www.freepik.com
参考文献: 国立がんセンターのこころと苦痛の本 - 監修 清水研 / 里見絵理子 / 若尾文彦

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?