朝に一杯の白湯を飲むと体に良いといわれている理由、また飲む際のポイントなど

朝に一杯の白湯を飲むと体に良いといわれている理由、また飲む際のポイントなど

よく健康や美容のために「朝に一杯の白湯をのむ」という事を聞きます。
私も真似をして、沸かしたお湯を(冷ますのがめんどくさいので)水を足して大きめのコップ一杯にがぶ飲みしていました。
ですが、この方法は間違っているようです。
なぜ朝に一杯の白湯をのむのか、また効果的な飲み方を調べてみました。

朝一杯の白湯が体に良い理由

朝一杯の白湯を飲むと、内臓が温められるため以下のような効果が期待できます。

  • 基礎代謝が上がる
  • デトックス効果が期待できる
  • 冷えが改善される

効果的な白湯の飲み方は?

ポイント

  • 50〜60℃のお湯
  • 1度に摂取する量は200ml
  • ゆっくりと時間をかけて飲む

なぜ朝に飲むと良いと言われているのか

白湯をのむタイミングとしてなぜ朝が良いといわれているのでしょうか。

寝ている間にも汗などで体から水分が放出されており、起床後は水分が減っている状態なこと、
寝ている間は基礎体温が下がっており、これからの日中の活動に向け基礎体温を上げる効果があるためです。

その他のタイミングとして、食前は良いですが、食後はあまり良くありません。
なぜかというと、食事で摂取したものを胃や腸が消化吸収しているタイミングで、白湯を飲むと逆に栄養の吸収を阻害してしまう可能性があるからです。



ベクトル画像 著作者:Design vector created by macrovector_official – www.freepik.com
参考URL:【医師監修】「白湯」を飲むことで体に起こる嬉しい効果とは?正しい白湯の作り方や飲み方、飽きずに飲むためのアレンジ法
白湯には体に嬉しい効果がいっぱい!その魅力とは

今後も、がんにまつわる役立つ情報を
サードプレイスから受け取ってみませんか?