対コロナ💪ウイルス対策として性能の高いマスクはどんなもの?

対コロナ💪ウイルス対策として性能の高いマスクはどんなもの?

再び都心部では増えてきてコロナウイルスのニュースが連日飛び交っていて、特に持病を持っている方は不安になりますよね。
今は暑くなってきたので、涼しいものや様々なマスクが販売されています。
ウイルス対策として、マスクはしないよりはした方がいいということは、TVで検証されたりされているのを目にしますが、実際にウイルス感染において効果があるマスクはどの様な物かをまとめてみます。

マスクの種類別効果

マスクの種類は大まかに分けて、3つあります。

ガーゼマスク

保湿の効果は高いが、ウイルスなど小さい粒子のものをカットする効果は低い

ポリウレタンマスク

通気性がよい。花粉やホコリをカットできるといわれてるが、一般的にウイルスをカットする効果は低いです。

不織布マスク

不織布とは繊維を織らずにいろいろな方法で結合させたもので、不織布を重ねたりフィルターを使用することで目の細やかさを調整できる。中には医療用で使用されている性能が高いものもある。

マスクの性能について

上記で示した3種類のマスクの中でウイルスカットを目的とするのであれば不織布マスクを選ぶといいかと思います。
不織布マスクにも色々あり「99%カット」と等と記載されている商品を多く目にすると思います。
マスクの性能を表すものとして*PFE・BFE・VFEというものがあり、何をカットしているのかも確認する必要があります。
*PFE(微粒子ろ過効率)-試験粒子(0.1μm)が捕集(カット)された測定値、BFE(細菌ろ過効率)-細菌を含む粒子(約3μm)が捕集(カット)された測定値、VFE(ウイルスろ過効率)-ウイルスなどの飛沫(約0.1㎛~5.0㎛)が捕集(カット)された測定値

ウィルス性の感染予防には、VFEやPFEの数値がより高いものを選ぶといいかと思います。(BFEは花粉などのウイルスよりも少し粒子が大きいものが対象となります。)

マスクの正しい付け方

マスクをつけていたとしても顔とマスクとの間に隙間がありウイルスを含んだ飛沫の吸入を100%防ぐことはできませんが、正しくつけることでマ初めて効果を得ることができます。
また、顔との隙間がなるべくないように自分にあったサイズ・形のマスクを選択し、必要に応じてゴムを結ぶなど顔にフィットさせる工夫をしてみましょう。

効果のない装着例

効果のない装着例

マスクのはずし方

マスクの表面には、風邪やインフルエンザなどのウイルスがついている可能性があります。
そこで、マスクの表面には触らず、耳の付近のゴムをつかみ外しましょう。その後、すぐに手を洗うようにしましょう。



ベクトル画像 著作者:People vector created by freepik – www.freepik.com
参考URL:マスクの効果と正しい使用方法 – 自治医科大学附属さいたま医療センター
一般社団法人 日本衛生材料工業連合会 | マスク

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?