胃の切除手術後で心がけたい、食事でのポイント8つ

胃の切除手術後で心がけたい、食事でのポイント8つ

前回は、胃の切除手術前に心がける食事について記事を書きました。
 

胃の切除手術前の免疫を高める食事について

胃の切除手術の後には、傷の治りが悪かったり、肺炎などの術後合…


そして今回、手術が終わったあとの食事についてのポイントを紹介したいと思います。

胃の切除後は、胃が小さくなり思うように食べられなくなるため、少量でも体重を減らさない食事が重要になってきます。

1.少しずつよく噛んで食べること

胃を切除した後は、「口で胃のはたらきを補う」と考えましょう。
もともと胃には「食べ物を少しずつ小腸に送る」「食べ物をかき混ぜて粥状にする」という働きがありますが、その働きを口で補うことが大切です。消化酵素により、胃や腸への負担も少なくてすみます。

2.色や適度なスパイスで食欲のわくメニューを

全てが白っぽく色のない料理は食欲を減退させることがあり、体重の減少につながります。
トマトやパプリカ、にんじんなどの赤い色の食材を効果的に取り入れたり、カレー粉や赤唐辛子などのスパイスも少し効かせながら、食欲増進につなげるのが良いでしょう。

3.決して特別食ではない!家族みんなでおいしく食べる

退院してからの食事は、決して特別なものではありません。気をつけたい食材をなるべく避け、かたさ、大きさに気をつければ、家族で一緒においしく食べられる料理もたくさんあります。
家族で同じものを食べることは、楽しく食べる意欲につながります。

4.食べることを楽しむ工夫を

毎日、同じジャンルやメニューの食事はマンネリしてしまうことがあるかもしれません。
和食、洋食、中華など味にバリエーションがあることは、食べることが楽しくなることにもつながります。

5.1回の食事量を少なく、回数を多くして食べる

胃の切除後は、胃が小さくなるために1回の食事をたくさん食べられなくなります。
1日に摂取する食事の量は減らさないように、1回の食事量は少なく、回数を多く(1日3食+間食で5~6回食)がおすすめです。

6.おやつ・デザートを活用する

1回の量が食べられないときには、高カロリー・高栄養のおやつを食べるようにするのが良いでしょう。
プリンやヨーグルトなどのどごしが良く高栄養のおやつやデザートはおすすめです。

7.すぐに食べられるものを作り置きする

食事回数をこまめにわけると、毎日食事を作るのが大変になることがあるので、作り置きが重宝します。
ソースやおかずを作り置きにすることで、食事のレパートリーも増え、作るのがラクになるかもしれません。

8.水分を意識してとる

特に意識して摂取するのが良いのが「水分」です。
食事をしっかり食べれていれば、およそ1000ml近く水分を摂取しますが、食事が思うように進まないこともあります。
そのときは、なるべく水分をとることを心がけるとよいでしょう。

食事をしっかりとることは、身体の健康にもつながると思いますので、頭の片隅にポイントを押さえながら、無理せずおいしく食事ができると良いと思います。


ベクトル画像 著作者:Pikisuperstar – jp.freepik.com
参考文献: 毎日おいしく食べる!「胃を切った人のための食事」 著 比企直樹

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?