胃の切除手術前の免疫を高める食事について

胃の切除手術前の免疫を高める食事について

胃の切除手術の後には、傷の治りが悪かったり、肺炎などの術後合併症にかかることがあります。その予防や術後の栄養障害を防ぐためには、手術前から栄養状態を良好に保つことが効果的です。

手術前には免疫栄養を加えて

手術前には、アルギニングルタミンω-3系脂肪酸(α-リノレン酸→EPA→DHA)等の免疫栄養を摂取し免疫を高めておくことで、術後の感染症や術後合併症が減るというデータが出ています。

ビタミンA、C、Eをプラスしてさらに免疫力UP

上記の免疫栄養は、食事によって体に取り入れることが理想的です。その理由は、口から摂取する事で唾液やいろいろなホルモンが分泌され、消化吸収を助けてくれるためです。
またその際、ビタミンA、C、Eと一緒に摂取することでさらに免疫力を高めることができます。

ω-3脂肪酸 ビタミン アミノ酸
EPA
α-リノレン酸
A C E アルギニン
グルタミン
青魚 / 鮭 / まぐろ
えごま / しそ / 春菊など
青菜 / かぼちゃ / トマト
にんじん / レバー
ピーマン / パプリカなど
小麦 / 大豆 / 昆布
チーズ / えび
牛乳 / 肉類など

食べられないときは?

しかし食欲がなかったり、中々食べられないときもあるかと思いますので、そんなときは経腸栄養剤を飲むなどすることで、体が治癒に向かう可能性が高くなるそうです。

 
自身やご家族の食欲や体調をみながら、手術前の食事に気を遣ってみてはいかがでしょうか。
 


参考文献: 毎日おいしく食べる!「胃を切った人のための食事」 著 比企直樹

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?