インフォームドコンセントで納得のいく治療方法を選びましょう

インフォームドコンセントで納得のいく治療方法を選びましょう

多様化するがん治療を選択するのに必要なインフォームドコンセント

医師や看護師などから検査や治療・診断などについて十分に説明を受け、疑問点などを解消し、心から納得してその検査や治療を受けることをインフォームドコンセント(説明と同意)といいます。

以前は、病気になるとすべて医師に任せる時代もありましたが、現代では医療が高度化・複雑化して治療の選択の幅が広がったことに加え、患者さん自身が勉強してインターネットや資料で医療情報を蓄積する事が可能になりました。そのため、従来のおまかせ医療では、患者さんが納得して治療を受けることは難しくなりました。
そのような現代医療のなかで、インフォームドコンセントは、不可欠な要素といえるようになりました。

自分の病態や治療に関して説明を受け、メリットやデメリットなどもしっかり把握したうえで、最終的な治療方針に自分自身で同意します。
ことがんの治療となると、手術や放射線療法、薬物療法などの医療処置を受けて、苦痛や不快、不安を感じる度合いがほかの病気に比べて高くなります。
患者さんが求めているのは、予後も含めた今後の生活をどうしていくのかという、切実な問題の答えです。
医師は、がんの種類や進行度、治療の目的や種類、および方法、副作用、それらがもたらす予後や治療後の生活などについても、患者さんとその家族に十分に説明することが求められます。

これだけは聞いておきたい、インフォームドコンセントを受ける際のポイント

インフォームドコンセントを受ける時は、①家族やパートナーなど信頼できる人と一緒に受ける②メモをしっかりと取る③わからないことは納得いくまで質問する、といったことがポイントです。
家族が同席することで、「ほかの治療法が良かったのでは」「こんな高額な治療費は聞いていなかった」など、家族での認識の相違を避けることもできます。
また、一番信頼できる人が家族ではない場合は、そのことも担当医に伝えておくと良いでしょう。

▼確認しておきたいこと

・今の体の状態や検査結果について
・どのような病気が推察されるか
・どのくらい進行しているか、進行期は?
・どのような治療の選択肢があるか
・治療法により効果にどの程度違いがあるか
・治療の副作用や後遺症について
・治る確率は?
・治療後の生活は、治療前のように戻るのか
・再発率や生存率は?

 
こちらの記事には医師と信頼関係を築いていくコミュニケーション方法を記載しています。併せて読んでみてください。
 

主治医の先生と、より良い信頼関係を築くコミュニケーション方法

病気の状態や治療について、もっとも把握している担当医とは長い…


 


参考文献: よくわかる最新医学 子宮がん 頸がんと体がんの診断・治療・生活 – 小田瑞恵 / 斎藤元章

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?