肝臓がんの検査と診断の流れについて

肝臓がんの検査と診断の流れについて

検査対象となる高危険群

肝がんの多くは、C型肝炎B型肝炎ウイルスによる慢性肝炎肝硬変から発症することがわかっています。
そこで、ウイルス性肝炎やアルコール性肝炎、肝硬変など、肝がんリスクの高い場合には、定期的に超音波検査腫瘍マーカー*検査CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(核磁気共鳴画像)などの画像検査による肝がん検査(スクリーニング検査*)を受けることが推奨されています。

肝がんリスクのある人のなかから、ウイルス性の慢性肝炎、肝硬変の有無、さらに年齢、性別、糖尿病の有無、肥満度、肝機能、飲酒量などを考慮したうえで「高危険群」と「超高危険群」に分類。
それぞれに適切な検査間隔で受診することで肝がんが早期発見でき、根治的治療の可能性が高まります。

*腫瘍マーカー(肝がん)
体内にがんがあると血液内の特定の物質が異常高値を示す。
肝がんの腫瘍マーカーとしては、AFP(アルファ・フェトプロテイン)、P-VKA-Ⅱ、AFP-L3分画(AFPレクチン分画)の3種類が保険適用となっている。
ただし、肝がんではない肝炎や肝硬変などでも、これらの腫瘍マーカーが陽性になることがある。

*スクリーニング検査
肝がんと診断されていない人のなかから、肝がんの疑いのある人をえり分ける検査。
定期的に実施することで、早期発見、根治的治療の可能性を高める。

高危険群

ウイルス性慢性肝炎(B型慢性肝炎、C型慢性肝炎)、肝硬変。
6ヵ月ごとに超音波検査、腫瘍マーカー検査を受ける。

超高危険群

ウイルス性肝硬変(B型肝硬変、C型肝硬変)。
3~4ヵ月ごとに超音波検査、腫瘍マーカー検査、6~12ヵ月ごとに、CT/MRI検査を受ける。

腫瘍が見つかったら行う精密検査

定期的なスクリーニング検査で腫瘍(結節)が見つかった場合、精密検査として、CT検査、MRI検査、造影超音波検査など行います。
また、超音波検査で肝臓を観察しながら、腫瘍部分に細い針を刺して組織を採取する肝腫瘍生検を行うこともあります。肝腫瘍生検は出血することもあるため、入院して行うのが通常です。

検査から診断までの流れ




肝細胞がんの場合、造影剤を点滴すると早い時期に腫瘍全体が造影剤によって白く染まりこみ(*早期造影効果)、時間が経過すると、染まりこみが消失する(*後期 wash out)。これらが観察されると、典型的な肝細胞がんの所見となる。
[出典]日本肝臓学会 編『肝癌診療ガイドライン 2017年版』金原出版,2017年をもとに一部改変

 

がんの大きさや広がり、肝機能で選択する肝臓がんの治療法

肝がんの主な治療法 肝がんの治療法は、肝予備能(チャイルド・…

肝臓がんの治療法を選択するための、病期と肝臓機能について

肝がんの病期(ステージ)と肝障害度分類 肝がんであることが確…

 


参考文献: 国立がんセンターの肝・胆・膵がんの本 - 監修 島田和明 / 奥坂拓志 / 池田公史

この記事がお役に立ちましたら、
サードプレイスの活動をサポートしてみませんか?